リフォームはアルミサッシか樹脂サッシか

古い木造家屋であれば、木製建具が窓に使われていると思われます。この場合、アルミサッシに取り換えることで、木製建具の宿命である腐食による家への損傷をかなり食い止めることができるでしょう。ただ、最近の新しい家には樹脂サッシが多く使われるようになってきましたので、木製建具を使用していた窓でも樹脂サッシが使えないか、リフォーム業者に聞いてみるといいと思われます。窓枠のデザインがアルミサッシに比べて多く、さらにカラーも豊富ですので、木造家屋の雰囲気にもなじむ窓に変えることができるでしょう。断熱効果も高く、耐久性にも優れていることから、最近ではアルミサッシよりも選ばれるようになってきました。ただ、値段は高くなりますので、見積もりを出してもらい、リフォームに出せる費用を比べながら、どちらにするか検討することになりそうです。

アルミサッシのリフォームについて

「寒い」「結露がひどい」など住まいの困りごとはありませんか。これらはアルミサッシをリフォームすることで解決することが出来ます。リフォームを成功させるポイントは困りごとを洗い出し、優先順位を付けることです。住まいの快適さだけでなく、メンテナンスのしやすさも合わせて考えて決めます。断熱性の高い窓にリフォームすると暑さ、寒さを防ぐことが出来ますし、結露も防ぐことが出来ます。窓の役割は大変大きいです。採光、風通し、防音、断熱、防犯、安全性、耐震性を考えます。次にデザインです。隣家や道路などの環境条件と部屋の役割から窓を決めます。アルミサッシで手を挟んでケガすることのないよう、軽くてゆっくり閉まるものを選ぶのが良いでしょう。特に子供と高齢者のいる家庭では注意が必要です。各メーカーのショールームへ行って、実際に触ってみるのが良いでしょう。

リフォームでアルミサッシをキレイにする

リフォームというと、キッチンや浴室、トイレというように、全体的に水回りを中心に行われます。また、介護のためにバリアフリーにするという住宅も増えてきています。いずれにしても、現在より利便性が高くなるようにすることがポイントです。例えば、アルミサッシが古く傷んでしまったことで、スムーズに窓の開け閉めができないということもあります。風雨で汚れてしまって、いくら掃除をしても汚れが落ちないということもあります。この場合にもリフォームがお勧めです。アルミサッシもキレイに最新のものにすることができます。特に、古い材質のものを使っている場合には、リフォームで新しくした方が機能性としても有効的です。アルミサッシがキレイになることで、住まいの住み心地環境も向上することになります。いろいろな業者があり、品質も様々です。じっくりと比較検討することをお勧めします。

エクステリア館では、家の印象を決める門扉からウッドデッキまで取り扱っています。 窓まわり・サッシ館では、玄関やキッチンなど部屋毎に最適な窓をご紹介。 会員の方だけに、特別な価格で販売する商品のお得な情報をお届けします。 長年の大手メーカーとの信頼関係により、どこよりもお安く商品をお届け! 施主支給で住宅設備を希望するなら、施工会社に早めに伝えることが大切。 アルミサッシのリフォームはドリームへ

Menu

TOP