防犯のためにもアルミサッシにリフォームを

建てられてから年月が経っている家であれば、窓枠がアルミサッシではなく木製建具が使われていることが多いと思われます。年月を経るごとに木製は劣化していきますし、窓枠が傷んでくると防犯上も不安が出てきますので、丈夫なアルミサッシ製に交換するのがいいでしょう。リフォームにあたっては、防水処理を施す必要がありますし、窓の大きさにもよりますが、半日から1日あれば工事は完了します。複数の窓が木製建具の場合は順を追ってリフォームしていく必要が生じることから、工事の日程や、どのくらいの費用が必要かも気になるところです。そのため、前もって工事業者に見てもらい、見積もりを出してもらうことが不可欠となります。アルミサッシにもいろいろありますので、こんな窓にしたいという要望を満たすものを選びつつ、見積もり金額と合致するところを選んでリフォームするのが大事です。

アルミサッシから最新サッシへ簡単リフォーム

窓といえばアルミサッシというイメージですが、冬場の結露がひどかったり、騒音に悩まされているというお宅なら、最新の樹脂サッシへのリフォームがおすすめです。樹脂サッシは断熱・遮音効果に非常に優れていることから、結露を防ぐことができますし、騒音の悩みからも解放されます。もっとも簡単なリフォーム方法が、今ある窓はそのままに、内窓を取り付けることです。この内窓は樹脂サッシで、これによって二重サッシになります。断熱効果が増すことから、暖房や冷房の効率も上がりますので、エコリフォームとも呼ばれます。内窓を取り付けるという方法ですので、部屋のイメージに合わせたり、部屋の雰囲気を簡単に変えることができて、部屋の印象を明るくすることも可能です。大掛かりな工事は敬遠してしまうというときにこそ、ぴったりの簡単工事だといえます。

アルミサッシからのリフォームが楽しみになるのは

昨今、新しく建てられる家に使われる窓は樹脂サッシが多くなっています。アルミサッシに比べて断熱効果が高く、遮音性にも優れていることから防音対策にもなるからです。魅力的な窓になりそうではあるものの、すでに住んで年月が経過している家ではあきらめないといけないかというと、そうではありません。壁や床を直すといった機会ができたときには、窓枠ごと取り外し、樹脂サッシの窓へと一気にリフォームしてしまうことが可能です。これによって結露を防ぎ、外からの音をかなり遮音できるうえ、見た目もすっきりと美しくなります。掃き出し窓になっている部分をアルミサッシから樹脂サッシにリフォームすると、それだけで家の印象が大きく変わるのは間違いありません。窓のデザインからカラーまでバリエーション豊富なところも、リフォームに楽しみを与えてくれます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP